商品デザインをトレードドレスとして商標登録する難しさ

A legal battle over the trademark registration of Timberland boots design. Explanation of the importance of functionality and distinctiveness in protecting trade dress, and the role of consumer surveys. Practical advice for companies to protect their trade dress.

Timberland社のブーツデザインは、長年愛されてきたアイコニックな存在ですが、そのデザインが商標登録できるかどうかをめぐり、長い法廷闘争が繰り広げられてきました。本記事では、米国特許商標庁からの拒絶、商標審判部への不服申立て、連邦地方裁判所への提訴、そして米国第4巡回区控訴裁判所の判断に至るまでの一連の訴訟の経緯を詳しく解説します。商品デザインを商標登録するトレードドレスにおける「機能性」と「識別力」の重要性、および消費者調査の役割について深く掘り下げ、企業がトレードドレスを保護するための実務的なアドバイスを提供します。

ディープフェイク技術の光と影:法的課題と迫られる対策

Deepfake technology's potential for innovation in entertainment and education fields is highlighted, yet its misuse poses serious societal risks such as privacy infringements, defamation, and political manipulation. This article explores deepfake mechanisms, applications, legal challenges, and regulatory efforts in the United States. A specific case of deepfake porn lawsuit in New Jersey is examined, revealing practical threats posed by deepfakes. Recommendations on combating deepfakes through education, technology, and legal approaches are also provided. Understand the pros and cons of AI advancement and learn strategies to combat deepfakes.

ディープフェイク技術は、エンターテインメントや教育の分野で革新的な可能性を秘めていますが、悪用されれば、プライバシー侵害や名誉毀損、政治的操作など、深刻な社会問題を引き起こす危険性もあります。本記事では、ディープフェイクの仕組みや応用事例、法的課題、そして米国における規制の取り組みについて詳しく解説します。さらに、ニュージャージー州で起きた「ディープフェイク」ポルノ訴訟を取り上げ、ディープフェイクがもたらす現実的な脅威を浮き彫りにします。ディープフェイクに対抗するための教育、技術、法律の側面からのアプローチについても提言しています。AIの進歩がもたらす光と影を知り、ディープフェイクに立ち向かうための方策を学びましょう。