2022年 米国特許出願統計データ

米国特許庁の速報データによると、2022年度(2021年10月1日~2022年9月30日)の特許出願件数は646,855件でした。これは、2021年の出願件数より若干減少しています。これらの出願の内訳は、通常出願(utility applications)が589,155件、意匠出願(design application)が54,476件、植物出願(plant applications)が918件となっています。また、147,339件の仮出願(provisional applications )が行われました。

2022年度に取得された特許は、通常特許325,445件、意匠特許34,370件、植物特許1138件など、合計382,559件に上ります。

また、特許庁は、通常出願の平均審査期間は、出願から処分(付与または放棄)まで25.2カ月であると述べています。

発行された米国特許の約56%は外国企業に付与されており、首位はサムスンで、2022年に6248件の米国特許を取得しました。米国発行特許の2位はIBMで、4398件(2021年特許から約50%減しています)。

その他の米国特許取得トップ10は以下の通りです:Taiwan Semiconductor, Huawei Technologies, Canon, LG Electronics, Qualcomm, Intel, Apple and Toyota. 

世界的に見ると、2022年の特許上位10社は以下の通りです:Panasonic Holdings Corp; Samsung Electronics Co. Ltd., Hitachi Ltd.; Chinese Academy of Sciences CAS, Canon Inc., Toshiba Corp., Midea Group Co. Ltd., Toyota Motor Corp., Mitsubishi Electric Corp, and China State Construction Engineering Corp.

国別では、米国企業が最も多く、次いで日本、中国、韓国、ドイツ、台湾、フランス、英国、スイス、カナダの企業でした。明らかに、アジア企業は米国特許に価値を見出していていますが、中国国内の出願の伸びも無視できません。米国の出願件数(14万件以上)は中国(約2万5千件)の約7倍でしたが、中国の出願件数は2021年の出願件数と比較して、最も高い伸び率を示しています。

調査会社IFI Claims Patent Servicesによると、米国特許出願のトップ10テクノロジーは以下の通りです:

  1. Autonomous vehicles;
  2. Electrical digital data processing;
  3. Earth drilling for oil, gas and water;
  4. Computer arrangements based on biological models
  5. Electrical Smoking devices;
  6. Quantum computers;
  7. Cigarettes;
  8. 3D culture;
  9. Machine Learning; and
  10. Breathing masks.

参考記事:2022 U.S. Patent Filings Statistics

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

キャンプ
ビジネスアイデア
野口 剛史

キャンプサイトでワーケーション

シルバーウィークはいかがでしたでしょうか?アメリカにはシルバーウィークはないのですが、ちょうどお同じ時期にキャンプに行ってきました。これからは外でもエアコンなしで過ごせる時間が長くなるので、キャンプサイトなど「外の空間」で働くのはどうでしょうか?

Read More »