2021年アメリカ特許数は減少も、中国の割合が高まる

2021年の統計データが出始めました。米国特許の総付与数が減少傾向にあるものの、中国の特許付与数は急増。2021年ランキングでは、企業の研究開発の優先順位も明らかにされており、人工知能が最も注目されている分野です。

米国の特許付与数と出願の動き

アメリカで権利化された特許の総数(総付与数)は2020年から7.5%減少し、2018年以降で最も急激な落ち込みとなりました。総付与数は2020年の35万2000件からこの1年間で32万7329件に、特許出願もこの期間に41万3173件から41万0093件に、約1パーセントの微減となりました。

米国特許を最も多く取得した国は?

総付与数上位10カ国のうち、米国企業はイノベーションにおいて国際的に頭一つ抜けており、2021年にUSPTOが授与した特許の半分以上を占めています。その150,801件の新規付与は、47,105件で2位の日本より69%多い。国別では、韓国(21,264件)、中国(20,679件)、ドイツ(14,663件)が上位5位を占めました。

中国が急伸、他は減少

米国特許の付与件数が8~12%減少した今年、中国企業は2020年の18,792件から20,679件へと10%増加し、突出した存在となりました。5位のHuawei、11位のBOE、43位のAdvanced New Technologies、49位のGuangdong Oppoなど、合計4社の中国企業が米国のトップ50にランクインしています。米国企業の付与数は、世界全体の減少率に見合うように減少し、8%でした。

AI特許の付与が大きく伸びている

発明の分類は複雑であるため、これまで存在しなかった方法、装置、プロセスを分類するためにCPC(Cooperative Patent Classification)が使用されています。以下は、米国で付与された特許の前年比成長率(2020~2021年)が最も大きい2つのCPCコードの定義です。

G06N - 特定の計算モデルに基づくコンピュータシステム - これには、機械学習、深層学習、量子コンピュータ、生物学的モデルに基づくコンピュータシステムなどのサブテクノロジーが含まれます。

G06K - データの認識;データの提示;記録媒体;記録媒体の取り扱い

特許出願でもAI関係が多くなっている

2020年と同様に、2021年の特許出願の増加率が最も高かったのは、「計算モデルに基づくコンピュータシステム、G06N」で、2020年から21年にかけて24%伸びています。この分野のコンピューティングには、脳生物学をヒントにしたサブ技術G06Nがあり、IBM、Google、Samsung、Microsoft、IntelといったBig Techの出願が含まれています。以下は、アメリカにおけるアプリケーションの前年比成長率(2020~2021年)が大きかった注目されているCPCコードの定義です。

G06K - データの認識、データの提示、記録媒体、記録媒体の取り扱い

C07K - ペプチド

参考文献:2021 Trends and Insights

追加記事

最近では猫ミームなど、ミームはインターネットカルチャーの定番となっていますが、その広範な配布は著作権や知的財産権に関する重要な問題を提起しています。このブログでは、ミームに関連する著作権法の複雑さについて掘り下げ、クリエイターとユーザーが著作権侵害、フェアユース、所有権といった知的財産に関わる問題をどのようにナビゲートするのかを探ります。
特許において、特許発明者の正確な特定は極めて重要です。Tube-Mac Indus., Inc.vs Campbell事件は、特に特許への貢献が複数の当事者からなされた場合に、発明者の定義とすべての発明者を特定する重要性を再認識する好例です。この記事では、このケースの分析を通じて、課題解決した当事者の重要性と共同発明者を特定するアプローチについて掘り下げます。
ニューヨーク州弁護士会はAI技術の法的・倫理的影響に対する新ガイドラインを提供しました。このガイドラインは、弁護士によるAIの適切な利用と潜在的リスク管理に焦点を当て、今後のAI法律業務における教育と規制の強化を推奨しています。80ページにもわたるレポートには、AIが今後どう弁護士業務を変えていくかについて詳細に書かれており、今後NYだけでなく、アメリカの各州におけるAIの弁護士倫理ガイダンスに大きな影響を与えることが予想されます。