2021年アメリカ特許数は減少も、中国の割合が高まる

2021年の統計データが出始めました。米国特許の総付与数が減少傾向にあるものの、中国の特許付与数は急増。2021年ランキングでは、企業の研究開発の優先順位も明らかにされており、人工知能が最も注目されている分野です。

米国の特許付与数と出願の動き

アメリカで権利化された特許の総数(総付与数)は2020年から7.5%減少し、2018年以降で最も急激な落ち込みとなりました。総付与数は2020年の35万2000件からこの1年間で32万7329件に、特許出願もこの期間に41万3173件から41万0093件に、約1パーセントの微減となりました。

米国特許を最も多く取得した国は?

総付与数上位10カ国のうち、米国企業はイノベーションにおいて国際的に頭一つ抜けており、2021年にUSPTOが授与した特許の半分以上を占めています。その150,801件の新規付与は、47,105件で2位の日本より69%多い。国別では、韓国(21,264件)、中国(20,679件)、ドイツ(14,663件)が上位5位を占めました。

中国が急伸、他は減少

米国特許の付与件数が8~12%減少した今年、中国企業は2020年の18,792件から20,679件へと10%増加し、突出した存在となりました。5位のHuawei、11位のBOE、43位のAdvanced New Technologies、49位のGuangdong Oppoなど、合計4社の中国企業が米国のトップ50にランクインしています。米国企業の付与数は、世界全体の減少率に見合うように減少し、8%でした。

AI特許の付与が大きく伸びている

発明の分類は複雑であるため、これまで存在しなかった方法、装置、プロセスを分類するためにCPC(Cooperative Patent Classification)が使用されています。以下は、米国で付与された特許の前年比成長率(2020~2021年)が最も大きい2つのCPCコードの定義です。

G06N – 特定の計算モデルに基づくコンピュータシステム – これには、機械学習、深層学習、量子コンピュータ、生物学的モデルに基づくコンピュータシステムなどのサブテクノロジーが含まれます。

G06K – データの認識;データの提示;記録媒体;記録媒体の取り扱い

特許出願でもAI関係が多くなっている

2020年と同様に、2021年の特許出願の増加率が最も高かったのは、「計算モデルに基づくコンピュータシステム、G06N」で、2020年から21年にかけて24%伸びています。この分野のコンピューティングには、脳生物学をヒントにしたサブ技術G06Nがあり、IBM、Google、Samsung、Microsoft、IntelといったBig Techの出願が含まれています。以下は、アメリカにおけるアプリケーションの前年比成長率(2020~2021年)が大きかった注目されているCPCコードの定義です。

G06K – データの認識、データの提示、記録媒体、記録媒体の取り扱い

C07K – ペプチド

参考文献:2021 Trends and Insights

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

商標
野口 剛史

メタバースとNFTにおける知的財産の保護

ブランドがすでにもっている「物理的な商品に関する既存の商標登録がメタバースにおける侵害にも有効か?」はまだ未知数です。現在そのような訴訟がいくつか行われていますが、まだ裁判所での判断は出ていません。そこで、各ブランドは積極的にメターバース・NFT関連の商標出願を行っています。

Read More »
商標
野口 剛史

サービスマークの登録は慎重に

主に自分の会社に利益をもたらし、他の人には利益をもたらさないサービスマークの登録を考えている場合、商標を出願するべきではないでしょう。なぜなら登録が拒否されてしまうからです。

Read More »