どのような文書がAttorney’s Eyes Onlyに該当するのか?

競合他社を相手に特許訴訟を行う場合、自社の事業の根幹に関わるような重要な情報や書類を「Attorney’s Eyes Only」にすることがあります。今回の判例では、必ずしも営業秘密でない関連文章が「Attorney’s Eyes Only」に該当すると認められたので、どのような情報や書類が「Attorney’s Eyes Only」に該当するかを知るのに参考になります。

判例:All Plastic, Inc. v. Samdan LLC, Case No. 20-cv-01318-NYW (D. Col. Feb. 26, 2021)

Attorneys’ Eyes Onlyとは情報へのアクセス制限

Attorneys’ Eyes Onlyとは、訴訟において機密性の高さに応じて証拠へのアクセス権利を相手の社外弁護士に限定することを言います。アメリカの訴訟ではディスカバリーという当事者同士の証拠の開示が求められますが、自社の事業の根幹に関わるような情報など競合他社が知ると事業に大きな支障を及ぼすものについては、Attorneys’ Eyes Onlyという扱いにし、相手の外部弁護士しか見れないようにすることができます。

競合会社間の特許訴訟でAttorneys’ Eyes Onlyが問題に

今回紹介する判例では、原告が被告に対しディスカバリーにおける各種書類の提出とAttorneys’ Eyes Only (AEO) とされている資料の扱いの変更を求めた申立を行いました。原告は、「被告が指定した資料の多くはAEOとして適格ではない」という主張を裏付けるために、以下の3つの主張を提示します。

(1) 被告が AEO として指定した資料は、営業秘密に該当するほど機密性の高いものではない

(2) 被告の不当な AEO 指定によって、原告の弁護士はこの訴訟で被告から学んだ「重要な事実」を原告とほとんど共有することができていない。

(3) 被告はAEOとして指定する前に誠意を持って文書を検討する義務があり、原告はその確認のために個別に異議を唱える費用を負担するべきではない。

Attorneys’ Eyes Onlyに該当する書類は営業機密に限られない

しかし、連邦地裁は「”Confidential – Attorney’s Eyes Only “の定義も、Rule 26(c)とその解釈法も、AEOの指定を上記のように確立された企業秘密に限定することを義務付けるものではない」と述べ、原告の主張を退けます。

地裁は、「両当事者間の競争的な関係は議論の余地のないものであること、および本訴訟に反映されている相当量の不信感を考慮すると、被告が機密として維持されてきた顧客やサプライヤーの情報、請求書、販売情報など、直接の競合他社にビジネス上の優位性をもたらす可能性のある競合情報を、Attorneys’ Eyes Onlyとして指定することは適切である」と結論付けました。

結果として、問題になっていた書類の一部に関するAEOの指定は適切と判断されましたが、AEOとされた書類すべてに対するAEO指定が適切だったということにはなりませんでした。

Attorneys’ Eyes Onlyの指定は慎重にするべき

連邦地裁は、一般に公開されているすべての文書や、広告、ダイレクトマーケティング、投資家向けプレゼンテーションなどの書類のAEOに該当しないとし、該当資料の適切なアクセス範囲の指定を行い、編集・変更されていない資料の提出を求めました。

参考記事:”District Court Determines Attorney’s Eyes Only Designation Proper for Relevant Documents Even If They Do Not Constitute Trade Secrets” by Stanley M. Gibson. Jeffer Mangels Butler & Mitchell LLP

ニュースレター、公式Lineアカウント、会員制コミュニティ

最新のアメリカ知財情報が詰まったニュースレターはこちら。

最新の判例からアメリカ知財のトレンドまで現役アメリカ特許弁護士が現地からお届け(無料)

公式Lineアカウントでも知財の情報配信を行っています。

Open Legal Community(OLC)公式アカウントはこちらから

日米を中心とした知財プロフェッショナルのためのオンラインコミュニティーを運営しています。アメリカの知財最新情報やトレンドはもちろん、現地で日々実務に携わる弁護士やパテントエージェントの生の声が聞け、気軽にコミュニケーションが取れる会員制コミュニティです。

会員制知財コミュニティの詳細はこちらから。

お問い合わせはメール(koji.noguchi@openlegalcommunity.com)でもうかがいます。

OLCとは?

OLCは、「アメリカ知財をもっと身近なものにしよう」という思いで作られた日本人のためのアメリカ知財情報提供サイトです。より詳しく>>

追加記事

speech-presentation
Uncategorized
野口 剛史

勉強会の最中にお弁当

講師にお金を払うセミナーではなく、有志でやる勉強会の場合、勉強会が終わったあとは飲み会みたいなことがよくあると思います。でもそうしてしまうと束縛時間が長かったり、会費も割高、飲み会だと途中で気軽に帰れない等の問題もあると思います。

Read More »
その他
野口 剛史

著作権の基本

アメリカにおける著作権の基本的な情報です。「著作物とは何か」から始まり、保護の方法、著作権の期限まで知っておきたい情報をまとめました。

Read More »