メーカー必見!機密情報で第三者による特許を防げる可能性

chess-strategy

業界や企業の規模によってはnon-practicing entity (NPE)の対応に追われているところもあるのではないでしょうか?今回はそのようなNPEを相手に弁護士費用を勝ち取ったケースを見つけたので紹介します。

最高裁判決:著作権訴訟において”Full Costs” とは税金がかかるコストだけ

money

今回、Rimini Street, Inc. v. Oracle USA, Incにおいて、米国最高裁は、米国著作権法のSection 505に書かれている”Full Costs”には税金がかからない費用は含まれるべきではないとして、Oracleが求めていた$13Mにも及ぶ訴訟コストのRimini による支払いを認めませんでした。

最高裁判決:AIAにおいて機密販売は先行技術とみなされる

supreme-court

Pre-AIAとPost-AIAの記述が全く同じでなかったことをきっかけに、Post-AIAでは機密販売は先行技術としてみなされないのではとAIA施行直後から言われていました、しかし、今回の判決で機密販売の基準は変わらず、Pre-AIAと同様にPost-AIAでも機密販売は先行技術とみなされることが明確になりました。

最高裁が仲裁を擁護する判決: Henry Schein, Inc. v. Archer & White Sales,Inc

supreme-court

今回のアメリカ最高裁の判決により、契約書の仲裁に関わる規約はより重要性を増していくことが考えられます。アメリカにおける訴訟は高額なので、契約の際に仲裁で係争を解決する条文を含むことがほとんどだと思いますが、その文言に注意しないと意図しない訴訟に巻き込まれてしまうことがあります。

最高裁判決:外国で発生した損害も損害賠償に含まれる

supreme-court

2018年6月22日、WesternGeco LLC v. ION Geophysical Corp., No. 16-1011, __ S. Ct. __, Slip Op. at 2-3,において、最高裁は、35 U.S.C. § 271(f)(2)における侵害を証明した特許権者は、35 U.S.C. § 284における海外での逸失利益(lost profits)も取り戻せるとしました。