最高裁:IPRのタイムバーの決定は上訴できないと判断

supreme-court

2020年4月20日、米国最高裁判所は、特許審判不服審査委員会(PTAB)がinter partes review(IPR)を実施する決定は、そのような機関の決定がIPR申請のための法定期間に違反する可能性があるとしても、上訴できないとの判決を下しました。

最高裁:商標事件における利益救済は故意の証明を条件としない

supreme-court

最高裁は、ランハム法に基づき商標侵害者の利益を求めるためには、原告が故意の侵害を証明する必要はないとする判決を発表しました。この判決は、高裁間の分裂を解決し、商標権侵害事件が多く審理されているSecond and Ninth Circuitsを含む多くのCircuitsの法律を変更するものです。

最高裁が“Immoral” や “Scandalous”な商標も登録可能と判決

supreme-court

最高裁は憲法第一条に示されているfree speechを重んじ、Iancu v. Brunettiにおいて、“Immoral” や “Scandalous”な商標の登録禁止は憲法違反であり、FUCTという商標は登録可能であり、この問題に対する最高裁判事の同意意見や反対意見などにより、今後の議会の動きが注目されます。

最高裁判決:連邦政府機関はAIAにおける特許再審査手続きが行えない

supreme-court

2019年6月10日、アメリカ最高裁は、Return Mail Inc v United States Postal Serviceにおいて、連邦政府機関はAIAで定められた特許再審査手続きを申し立てることができないと判決を下しました。この判決により、今後、連邦政府機関はinter partes, post-grant やcovered business method reviewsにより特許の有効性について挑戦することができなくなりました。

予期しない”On-Sale”イベントの危険性

supreme-court

過去にウェビナー講師を務めてくれたBrad Czerwonky 氏による記事です。これは前回紹介した最高裁判決Helsinnに関するものですが、今回はBrad弁護士による考察を中心にまとめました。

最高裁判決:AIAにおいて機密販売は先行技術とみなされる

supreme-court

Pre-AIAとPost-AIAの記述が全く同じでなかったことをきっかけに、Post-AIAでは機密販売は先行技術としてみなされないのではとAIA施行直後から言われていました、しかし、今回の判決で機密販売の基準は変わらず、Pre-AIAと同様にPost-AIAでも機密販売は先行技術とみなされることが明確になりました。