保険が知財訴訟費用を負担するか?今すぐチェック

money

今、企業が加入している保険がアメリカにおける知財訴訟もカバーしていると思っていませんか?多くの場合、知財問題が原因で起こる訴訟は「例外」扱いされるので、いますぐに保険の内容を確認することが必要です。

判例に見る正しいバーチャルパテントマーキングの方法

laptop-typing

バーチャルパテントマーキングを使うことで、実際の製品に特許番号を印刷する必要なく過去分の損害賠償を請求するための公への適切な通知をすることができますが、適切な形で特許を表示していないと、公への適切な通知がされていないと判断される可能性があります。

Negative claim limitationをどう先行例文献で示すのか?

statistics-stack-of-documents

アメリカの特許のクレームを読んでいるとたまに「~を含まない」などのクレーム制限を見ることがあると思います。そのような制限はNegative claim limitationとよばれますが、特許を無効にしたい場合、どのような先行例文献を提示すればよいのでしょうか?

A, B or C vs. A, B, or C

book-flipping

カンマがあるかないかで訴訟になったケースはいくつかありますが、このメイン州の法律に関する事件の判決結果は特に顕著なものだったので、知財に直接関係ありませんが今回取り上げてみました。

DTSA下の一方的な押収事例(施行から2年)

secret

2016年のDefend Trade Secrets Act (DTSA) 施行から2年が経ちました。DTSA により、いままで州法で州ごとに守られていた企業機密を連邦法でも取り締まるようになりました。また、DTSA は、州法では認められていなかった一方的な押収(ex parte seizure)も認めています。今回はこの一方的な押収の事例を紹介しながら実際に適用できる条件を見ていきましょう。

PTABが「有益」と指定したIPR案件4つを紹介します

important-page

2018年7月、 PTAB はいくつかの IPR 判決をinformative(有益)と指定しました。有益な判決というのは PTAB における判決を決定づけるものではありませんが、公に PTAB における判断の標準を示すものです。有益な判決は、ベストプラクティス、頻繁に起こる問題、不透明な法律のエリア、公的に関心があるものなどが選ばれます。