USPTOがPatents 4 Partnershipsプラットフォームを発表

hand-shake-business

米国特許商標庁(USPTO)は2020年5月4日、ウェブベースの新しい知的財産(IP)マーケットプレイスプラットフォーム「Patents 4 Partnerships」を発表し、ライセンシング可能なCOVID-19パンデミックに関連する特許および公開特許出願を検索できるプラットフォームの提供を始めました。

アメリカにおけるライセンスとアンチトラストの問題

知財のライセンスは効率よく技術を活用でき、新しい製品やサービスを安く提供できるメリットがあるためライセンシーにも消費者にもいい面があります。知財ライセンスにはこのような競争を促す効果もありますが、契約の条件次第では、競争を低下させる原因にもなりかねません。

過去の訴訟和解が原因で特許訴訟が取り下げられる事態に

contract-signing

訴訟などの紛争を終結する際に、和解契約書が交わされますが、そのときのリリースに関する文言が適切でないと、問題が起こることがあります。今回は、以前の訴訟を和解した際のリリースが広すぎて、新しい特許訴訟が取り下げられる事態になってしまった判例を紹介します。

2020年の自動車とモビリティ技術の知財問題

ネットワークに接続された自動車をよく見てみると実に幅広い技術が使われていることがわかります。この技術の幅に、自動車部品の供給チェーンの複雑さが加わると、とても複雑な知的財産とライセンス問題が懸念されます。

知財資産の収益化で価値を見いだす

money

日本企業の場合、知財の“monetization”(収益化)という言葉にあまりいいイメージを持っていないところも多いですが、収益化ということをより広く考えた上で、持っている自在の有効活用方法を考えてみます。

Huaweiが5G関連知財をライセンスへ

Huaweiはライバル製造メーカーに自社の5G関連知財をライセンスする意向を示しました。このライセンスでは、一定の金額を事前に払うことで、ライバル製造メーカーがHuaweiの5G特許、コード、ブループリント、ノウハウをベースにした製品を作ることができるようになります。