商標ポートフォリオの棚卸し7つのポイント

春は商標ポートフォリオを大掃除する絶好の機会です。理想的には、ブランドの所有者は、ブランド保護の不備を特定し、解決することを第一の目標として、年に一度、商標資産を監査する必要があります。商標監査の範囲は多岐にわたりますが、ここでは最も一般的な目的をご紹介します。

ハッシュタグがもたらす商標の落とし穴

twitter-social-media

ソーシャルメディアやハッシュタグを使ってマーケティングを行ったり、社会的、または、政治的なムーブメントに同調して顧客との親密性を確立するのも現代における有効なマーティンテクニックです。しかし、そこからは有益な商標は得られにくいので、会社としてはそのようなマーケティングとは別に、しっかりとした商標を持ち、ブランドを高めていく活動も必要になってきます。