訴訟が起こる前にできる訴訟対策ベストプラクティス(知財編):訴訟リスクを最小限にするために今できること

chess-game-plan-strategy

ビジネスは少数の例外を除き、高額で先行きが不透明な知財訴訟はできるだけ回避したいものです。訴訟自体を100%回避するのは不可能ですが、予期できる知財問題に対する準備が出来ていれば、リスクを最小限にとどめ、かつ、訴訟で勝つチャンスを高めることができます。今回は社内でできる訴訟が起こる前の訴訟対策手段を2つ紹介します。

USPTOにおけるDOCX出願における提案

creminal-theft-of-trade-secret

現在はUSPTOに出願する際、MicrosoftのWordフォーマットであるDOCXフォーマットでも、PDFでも出願が可能です。しかし、USPTOではDOCXフォーマット以外の出願に$400の追徴金を請求するような動きがあるようです。今回は、USPTOによるDOCX出願がどのように行われるべきか面白い提案があったので紹介します。

USPTOのOpen dataは十分に活用されていない

computer-code

USPTOは様々なデータを公開していますが、あまり活用されていないようです。うまく活用すれば便利なものがたくさんありますが、あまり知られていないので、今回は代表的なサービスを3つ紹介します。

2019年PTAB分析データ

binders-filings-data-record

PTABにおけるAIAトライアルのデータ分析をしました。この分析データを参考にすることで、PTABにおける手続きの利便性や防衛手段などが見えてくると思います。

審査官データと個別の判断

前回の関連記事で、総合的な権利化率は変わらないもののRCEのある・なしで権利化率が変わる事例(RCE allowance rate differential)を取り上げましたが、統計的なデータと個別の案件の判断はどのような関係にあるのでしょうか?

データで検証:RCEは権利化に貢献しているのか?

アメリカではRCEを使うことで、最終拒絶通知の後でも、Finalの状態を解消し、審査を継続することができます。そのため、弁護士によっては多用する人もいますが、RCEは本当に権利化に貢献しているのでしょうか?今回はデータから分析してみたいと思います。

米国国防省の知財問題は中国でなくデータ

display-with-code

HUAWEI問題などを発端に、アメリカ政府は中国を知財問題で取り上げていますが、会見によると国防省の知財に関する認識の甘さ、特にデータの所有権問題が大きな課題のようです。これは国防省だけの問題でなく、大企業でも十分起こりうる問題です。