IPR

解説:

Inter partes reviewの略称。 アメリカ特許庁 (USPTO) の審判部 (Patent Trial and Appeal Board: PTAB) において、第三者が申し立てできる特許無効手続。日本語では当事者系レビューという。

IPRはAIAで新しく導入された特許無効手続。特許訴訟が起こったときに、被告側がIPRを起こすことが多い。

参考:

USPTO: Inter Partes Review

Wiki: Inter partes review

« Back to Glossary Index

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする