Damage Apportionment

解説:

Damage Apportionment (または、Apportionment of Damages in Lost Profits とも言う)とは、特許が製品の特徴の一部をカバーしていて、利益損失( lost profit )が製品全体から算出された場合の賠償金の割当。

どのような計算方法により算出されるべきかはっきりしておらず、当事者同士で見解が大きく食い違うことがある。

参考:

法律: Damages (35 U.S.C. § 284)

判例: LaserDynamics Inc. v. Quanta Computer Inc., 694 F.3d 51, 67 (Fed. Cir. 2012) 

判例: Uniloc USA Inc. v. Microsoft Corp., 632 F.3d 1292, 1318 (Fed. Cir. 2011)

« Back to Glossary Index

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする