アメリカ知財情報サイト

contributory infringement

解説:

発明の使用のために作られ部品で、侵害しない使用目的に適している一般的な部品や商品ではなく、その部品を提供した者が、海外で組み立てられ、権利を侵害することを知りつつ、部品を提供した場合、その提供者に対して特許侵害が認められるというもの。35 U.S.C. 271(f)(2)

(f)

  • (2) Whoever without authority supplies or causes to be supplied in or from the United States any component of a patented invention that is especially made or especially adapted for use in the invention and not a staple article or commodity of commerce suitable for substantial noninfringing use, where such component is uncombined in whole or in part, knowing that such component is so made or adapted and intending that such component will be combined outside of the United States in a manner that would infringe the patent if such combination occurred within the United States, shall be liable as an infringer.

参考:

米国特許法 35 U.S.C. 271: INFRINGEMENT OF PATENT

« Back to Glossary Index

OLCの米国知財ニュースレター

最新まとめ記事を
毎週メールボックスにお届け

登録すると、週1回、最新まとめ記事の概要とお知らせを受け取ることができます。

コメントする